夫という、鳥取に、トラベルでいきました。鳥取砂丘や海鮮丼が最高でした。

週末に、鳥取まで、あそびにいきました。主人とふたりで旅だ。大阪から、特急ライナーで、鳥取までいきました。三間隔ちかくも列車にのっていたため、列車内で根こそぎねむり、安眠欠損は、変化されました。午前、大阪を出発してから、真昼の時間に、鳥取ターミナルにつきました。ついて初日に、鳥取砂丘にむかいました。鳥取砂丘って、日本一のラクダではく、日本一の砂丘は、新潟におけるみたいです。なんとか鳥取砂丘にいきましたが、実態砂丘でした。また、砂丘のさきに、大うなばらが広がっている結果、海にもいけたので、たのしかっただ。ランチは、砂丘ちかくの海鮮丼を、たべにいきました。お目当ての海鮮丼や氏は、日帰りターゲット10食のみなので、もう、売り切れていて、たべれませんでした。そのかわり、ちかくの有名な海鮮丼をたべにいきました。値段もリーズナブルで、風味もたいへん美味しかっただ。我々は、うにいくら丼をたのみましたが、うにっていくらのどんぶりが二皿でてきて、ずいぶん幸福できました。砂のミュージアムにたべた残り、いきました。たくさんのひとで、にぎわっておりました。因るは、居酒屋で、のどくろをたべました。塩焼きにしたのが一番美味しかっただ。